勤怠システムの進歩による幾つかのリスク軽減

勤怠システムの利便性や機能の進歩は主に、スタッフ個人の正確な勤怠情報の収集と欠落無い合理的な情報管理という方向性を持って進められてきました。

と言うのも、従来型のタイムカード方式ではスタッフの不正打刻や打刻ミスによる勤怠データの欠落、そしてそれらのデータを給与システムにその都度反映させなければならないリスクや負担が常にあったからです。

現代の勤怠システムはこういったリスクや負担を排除すべく幾つもの最新機能が付与されています。

一つは個人を確実に特定する条件の元のみ打刻が行えるシステム、例えば指紋照合システムによる打刻方法が挙げられます。

これならタイムカードの様に1スタッフが数人分をまとめて打刻してしまう様な不正が行われる心配もありません。

またスマホや携帯電話を利用したオンラインの打刻システムは同じく不正を働き難い上、外回りで事務所へ戻らず直帰で帰宅するスタッフでも打刻が可能といった大きなメリットを有しているのです。
個人を特定する上ではスタッフ個人用端末からの社内ポータルサイト経由の打刻も有効な方法で、スタッフ個人が設定したパスワードでログインしなければ打刻が行えず、こちらも不正を働き難い勤怠システムと言えるでしょう。

OKWaveのことなら、こちらをご参考にしてください。

この様に主にオンラインで打刻を行う事により、その正確なデータが直接給与計算システムへと転送され、ミスの無い勤怠評価や給与計算が可能となりました。



スタッフ個人の業績を正当に評価する上でも非常に大切なシステムと言う事が出来るのです。