タイムレコーダーの時刻について

タイムレコーダーは会社勤めをしたり、アルバイトをした経験を持つ人であれば必ず利用している設備の一つで、従来から在るタイムレコーダーは紙のタイムカードをカード挿入口に軽く差し込む事で自動的にカードが下に移動して当日の欄に時間を打刻してくれる機能を持ちます。タイムレコーダーは時を記録すると言う設備であり、出社と退社を管理する勤怠管理の中で必要になる設備で、アルバイトなどの場合は時間給で給料が支払われる事になるため、何時から何時まで労働をしたのかをタイムカードで集計を行ってアルバイトの賃金を支払う形になります。



尚、タイムカードの挿入した時間を打刻する目的としてタイムレコーダーは存在しているため、正確な時間を打刻出来るように管理を行う必要が在ります。例えば、3分遅れている場合、9時出社をした人はタイムカードに記録される時間は8時57分になりますが、3分遅れている場合はタイムカードに記録される時間は9時3分になります。

教えて!gooの情報なら当サイトにお任せ下さい。

9時出社がルールになっている場合、9時3分と言うのは遅刻とみなされる事になるため、9時に出社をしていても時間が正確になっていなければ勤怠管理を正確に行えなくなることになります。そのため、勤怠管理を行う上で、タイムレコーダーの時間の管理も必要であり、定期的に時間が正確になっているのかを確認し、遅れていたり進んでいたりする場合は、内部に在る時間調整ネジなどを回して時刻補正を行う必要が在ります。