タイムカードは勤怠管理に繋がっている

タイムカードは自分の勤務実績なので、それを見て毎月給料が支払われています。
そこで抜けていると、給料が正しく支払われない可能性があります。そのため、毎月末日には確認作業が求められます。

それを怠ると、自己責任ですから、会社ではなく自身の責任と認識しておきます。


会社から、毎月給料を正しく支払うために末日タイムカードの確認作業を求められます。
勤怠管理でも確認できます。
パソコン上で記録されているので、それも確認作業として行っていきます。


勤怠管理は毎月の分も記録されていますが、前月以前の分も記録として見ることができます。



会社出勤、退勤時に必要な作業がタイムカードを打ち込む事です。

出社と同時に、タイムレコーダーに向かいます。

カードを取り出して打ち込んでいきます。

退勤も同様にカードを取り出して打ち込みます。

単純作業ですが、大事な仕事ですから、日課として続ける義務があります。タイムカードは毎月変わってきますので、その都度新しいカードが用意されています。
給料を管理する経理部は勤怠管理をチェックしていますので、そこから給与計算されていきます。

コトバンク情報といえばこちらです。

給料を支払われる際、会社から居残り要請されますが、その分は別用紙にも記入が求められます。



サービス残業の場合はカウントされないので、少々不満が出ます。

それでも居残り要請されたら、それも書類を出してカウントされます。

実績は記録されていきますが、会社に属している限りカードが溜まりますし、勤怠管理も情報として残されます。