タイムカードはとても便利

多くの企業で採用しているものにタイムカードがあります。

雇用者の勤怠管理を主な目的としており、タイムカードを確認するだけでその人の勤務状況を把握することができます。

一般的な例としましては、出勤日に対する出勤時間や退勤時間、外回りの仕事がある場合は外出時間などを記載するものもあります。
別名タイムレコーダーとも呼ばれており、労働時間や時給の計算を行う便利な機械です。
タイムレコーダーの修理としては、専用の紙やカードを機械に通す形式のものや、パソコン画面に入力するものがあります。

ビジネスジャーナルに関しての情報を紹介しているサイトです。

特にアルバイトやパートといった非正規雇用者が多い企業の場合、雇用者の管理のためにタイムカードが好まれる傾向にあります。

タイムレコーダーの仕組みとしましては、まず時計が設置されているのが一般的です。



時計と記載される時間が連動しています。



また、通勤や退勤などが選択可能なボタンが搭載されています。

出勤時や退勤時、最初にタイムレコーダーを操作する人はそれらのボタンを切り替える必要があります。
紙やカードの挿入口にはセンサーが搭載されており、高性能なものになると異物混入を防ぐ機能がついているものもあります。


そして最後にプリンター、印字をするために搭載されているもので、前述した時計と連動した時間を打ち込みます。

また、テクノロジーの進歩により、最近では労働時間、および時給を自動で計算してくれるタイムカードも存在します。

タイムカードも進化を遂げているのです。